ポスティングは出来高払い

ポスティング広告の利点や業者選び

ポスティング広告は、ダイレクトに届けることができる宣伝方法で、複数の企業や店舗などが利用しています。
ポスティングは、ポストに直接広告を入れる方法と、新聞に折り込んで入れる方法とがあり、それぞれ効果や利点が変わってきます。
新聞の折込によるポスティングは、新聞購読者に限定される点やその購読者の年齢層が限定されるなど、広告の内容によっては向いていない場合があります。
特に最近は、ネットの普及もあり新聞を利用しない人が多いので、20代から40代の層をターゲットにした広告だと、新聞折込のポスティングは効果が低い可能性があります。
ポストに入れるポスティングは、指定した範囲内のポストに投函する方法なので、幅広い年齢層に配布できるという利点があります。
ポスティングを依頼する時、広告の効果を発揮するには業者選びも大切なポイントです。
実績や信頼性という部分は、ポスティングを依頼する上で特に大切なので、コストだけではなく業者の内情を把握する必要があります。
web上にある業者のサイトを利用すると、実績やサービス内容、配布スタッフへの教育などある程度調べることができます。
色々な業者のサイトを見て、比較しながら探すのがポイントです。
特に、配布スタッフへの教育体制がしっかりしているかは、ポスティングの効果を高めるには重要な部分なので、チェックしておきたい点と言えます。

ポスティングの仕事内容

ポスティングの仕事は、会社に行ってチラシを受け取る→指定された建物にチラシを入れに行く→撒き終えたら電話で会社に報告をして終了。というのが主な作業の流れとなります。
周りから干渉されることなく、自分のペースで仕事をすすめることができます。
楽なように見えますが、厳しい面もあります。
まず、チラシといえども束になれば相当重くなります。
1日2000枚から4000枚ほど配るので、かなりの重さのチラシを運びながらポスティングをすることになります。
また、チラシ配布禁止のマンションもあるので、それを見極めながら間違えずにチラシを入れなければなりません。
また、時給制ではなく出来高払いなので、いくら長時間チラシを撒いても、撒いた数が少なければ給与も高くはなりません。
自分のペースでできるといえども、効率良くスピーディにチラシを撒いていかないといけません。
また、雨の日はチラシが濡れて配れないため、事前に天気を確認しなければなりません。
しかし、予報と関係なく突然雨が降ることもあり、またチラシを入れようとした瞬間に住人に怒られたりと、中々骨の折れる仕事です。
一見メリットが多いように見えますが、それなりにデメリットも存在する仕事です。

Post List

2017年10月16日
どんな時でも丁寧に対応するを更新しました。
2017年10月16日
ポスティングの給与の相場を更新しました。
2017年10月16日
マンションを回るときは事前に許可をを更新しました。
2017年10月16日
ポスティングは出来高払いを更新しました。